07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

奏デルハ鼓動

SR400をメインとした日記ブログ。日常的なメンテ、カスタム、ツーリングのことやら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

■□冬の乳化対策■□ 

こんばんは~。

しばらく更新出来ず、たびたび当ブログを覗いておられる方々にはご心配をお掛けしてしまいました。

とりあえずは元気です!
しかしいろいろと思うところがありまして、肉体的にも精神的にも一時休止を考えたりもしておりましたが、
ご心配頂いた方や、少なからず楽しみにしておられる方もいたりで、SRネタは無くとも(爆)
ほそぼそとこっそり更新は続けていこうと思います。

サボっている間に落ちるだろうな~と思っていたアクセス数も、落ちるどころか変に増えていたり(謎)

まぁ変わらずボチボチと更新していきますので、暖かく見守って頂けると幸いです。




少し引きこもっていた間に、こちら比叡山はもう本格的な冬がすぐそこまで来ているような寒さが始まって
おります。


うちのSR君にオフシーズンは無く、冬場でも雪が降っても変わる事なく毎日の通勤の相棒なのであります。


そんな冬場の通勤チョイ乗りで、頭を悩ませる事と言えばオイルの乳化があります。

外気温との温度差で、普通はどのバイクでもクランクケース内で結露し、水分が溜まるらしいのですが、週に1度でもガッツリ走ることがあれば、暖まったオイルから水分は分離されてブリーザーから水蒸気となって出て行くらしいのです。なので内圧バルブ系のパーツは冬場に外されている方もおられるみたいですね。

特にうちのように頻繁にロングツーリングに行く訳でもなく、朝晩のチョイ乗りを繰り返すような
乗り方だと、エンジン内の水分は溜まる一方でありまして、オイルゲージのフタを取ってみると、
それはもうクリ~ミ~なオイルがべっとりと付着している状態であります。質感はまんまマヨネーズ。


数年前からどうにかならないものかと試行錯誤を繰り返してきました。もちろん内圧系のパーツを
取り付けてから乳化は顕著に起こるようになったのですが、効果が大きいので外したくはない。

で、オイルキャッチタンクを取り付け、水キャッチタンクとして使用して定期的にドレンから水を排出したり、
メーカー違い、粘度違いのオイルを使って乳化しやすい、しにくいを比較してみたり、自分の中では冬の風物詩として、冬の楽しみとして毎年何かしらチャレンジをしてきました。





そして、今年の新たなる対策は…。








1965781_1395097748_166large.jpg

オイルキャップから水蒸気抜きをするであります!!

※※一眼、壊れました…。携帯画像でスイマセン…。

もちろん市販品ではなく、こんな時の強い味方!親愛なる隣人(笑)
最近私の中で流行りの「ts-Factory」製のパーツです☆☆☆

それにニップルとホースを追加して、オイルキャップ付近に溜まる水蒸気を
少しでも抜いてみようとの素人発想、思いつき作戦慣行。

オイルレベルゲージとしての機能はありませんが、そんなに頻繁にオイル量をチェックすることもないですし、オイル交換時に違うレベルゲージで測れば良いだけのことなので、その部分での不具合は感じません。


1965781_1401300428_161large.jpg

とりあえずはホースを長めに取り大気解放で装着。キャッチタンクも考えましたが、高回転をまわしてもオイルが噴くこともないので、しばらくはこの状態で様子を見ようと思います。

さらなるts-Factory製のパーツもいくつか取り付けを控えていたり、頭の中では作りたいパーツだらけなので、ぼちぼちではありますが自作、工作を重ねて楽しんでいこうと思います。





category: カスタム

cm 8   tb 0   page top

コメント

昨日はどうもです(笑)お元気そうで何よりですよ。

これは物凄く良いアイディアですね。圧抜きにもなってる様な
気がします。以前にレデューサーの前川さんにここにバルブの
取り付けを勧めて頂きました。でも油温計を外したくないので、
やってませんが(笑)
B@minDrive #Hpx5pgJk URL [2011/11/10 20:59] edit

へぇ、オイルの乳化ですか。
余り気にした事なかったのですが、僕も通勤チョイ乗りが多いので気を付けた方が良いかも知れませんね。
ts-factory、頑張ってますね。
kaz-speedaholic!! #SFo5/nok URL [2011/11/10 22:02] edit

〉Bさん
ここからレデューサー?そんな手もあるのですね。タンク内の圧も抜けるんでしょうか。油圧がどうなるか等気になりますね。
冬場は水蒸気を抜くのが目的ですが、暖かくなれば色々試してみたいですね~。油温計はベリアを付けたので、ここで遊べて良いですよ(笑)
イド #HfMzn2gY URL [2011/11/10 23:15] edit

〉KAZさん
ブリーザーに内圧バルブ等を装着して内径を小さくしてなければそこまで酷く乳化はしないと思いますよ。うちは高低差があったり15分程度の通勤時間であったりで乳化の条件はバッチリなので…。またオイルキャップを外してチェックしてみて下さいね。
イド #HfMzn2gY URL [2011/11/10 23:52] edit

ここからの圧抜き、どうなるかは気になっていました。
ただ、油温計と出先でオイルが減っていないかチェックするのに不便になりそうで自分では試せずにいました。

乳化がなくなるか、結露した水分が混入するか微妙な作戦ではありますが結果楽しみにしています。
凸@yamazi #GCA3nAmE URL [2011/11/13 21:21] edit

>凸@yamajiさん
冬場の通勤時の乳化対策だけに使う予定ですので、出先のオイル量チェックは無視ですww
確かにホースを低くしないと結露した水分がタンク内に入りますよね…。
ただ観察していますと、細いホース内のごく一部の区間だけの水分なら多少はタンク内に
落ちても問題はないかなと考えてます。
今のところオイルタンクのフタ周りの乳化はほとんど無い状態ですが、本格的な冬は-5℃になりますので、実験の成果が出るのはまだまだ先になりそうです。

本日キャッチタンク内の水を抜きましたがドレンから大量の水が排出されました。
どちらかと言えばキャッチタンクでの水取りがメインで、こちらは補助的な役割と考えてます。
イド #HfMzn2gY URL [2011/11/13 22:20] edit

あははは(笑)アップされてる(笑)

だんだん変な部品てんこ盛りになりますね☆
僕もここに穴を開けようかな~
ts #no8j9Kzg URL [2011/11/14 01:07] edit

>tsさん
tsさんMADEのパーツ、気付いたら愛好家です(笑)

実際のところ圧抜きの効果はまだ検証中ですが、確実に水蒸気は抜けている気がしますよ。tsさんもぜひ☆
イド #HfMzn2gY URL [2011/11/15 13:37] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanaderuwakodou.blog47.fc2.com/tb.php/91-8d2655c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。