07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

奏デルハ鼓動

SR400をメインとした日記ブログ。日常的なメンテ、カスタム、ツーリングのことやら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

またまたVMキャブポリッシュ! 

こんばんは。

忘れられた頃に更新の当ブログでございます(^ν^)


今日のお相手はVM32。

VMばっかりですが、SRに装着しているVM33とは違いますが、本来SR用のVM32です。




磨く前に、400用VMのここの飛び出した所が気になってしょうがない(;^_^A

本来なら500用の加速ポンプの部品が付く所ですが、ポンプの付いてないこいつには不要なんですよね。専用部品と言うより、流用部品と言ったところ

なので思い切ってグラインダーでカットしました。




こちらがカット後になります。

カットして鉄ヤスリとルーター、ペーパーで慣らしました。




本体や細かいパーツも含め、まずは粗めのゴム砥石を使用し、全体的に鋳物のザラザラ感を無くします。
バリもルーターで削りつつ、番手を上げて、ペーパーで400、600、1000番で磨き。
最後にマザーズとフェルトバフで細かい所を磨いて、、、






完成です!




グラインダーでカットした後もなるべく加工後が目立たないよう、自然になるように仕上げました(^ν^)




元どおり装着。付けてみるとそこまで目立た無いですが、元のぼろい感じよりずっと良くなりました。

ここのところ急激な気温の変化でまだセッティングはバッチリとは言って無いですが、ぼちぼち合わせて行こうと思います!
( ^ω^ )


インフルが流行って来てるようです。
風邪を引かれないように気をつけましょう( ´ ▽ ` )ノ


スポンサーサイト

category: ST250

cm 0   tb 0   page top

キャブ交換! 


昨日、嫁号であるST250のキャブレターを交換しました( ^ω^ )


交換したキャブはSR400用のVM。


数ヶ月前に中古品を入手!



届けば早速バラバラにしちゃいます。

外観、中身ともに腐食も少なくまずまずの状態です。





まず外観をワイヤーブラシで磨き大まかな汚れや錆を落とします。パーツクリーナーで内部も徹底洗浄!


パワーフィルターとマニホールドもキャブに合わせて入手しました。



そしてOHには欠かせないキースターのセットは忘れずに。

いつのまにか,000円値上がりしてました、、(T_T)
それでも個々にパーツを揃えるよりはるかに安いのでこいつは欠かせませんね。





ある程度綺麗になったところで装着して動作チェックを行うことにします。





純正のCVキャブさんはしばらくお休み。
今まで頑張ってくれてありがとな!





マニホールドごとさくっと交換!
CVに比べるとデカイ!重い!




パワフィルを付けてエンジン始動!


セル一発?であっさり掛かりました( ^ω^ )

アイドリング調整するとしっかり安定してます。
そのまま試乗へ。

うむ、これだw

出だしから全く違います。
ドカンと来ますw

ガバッと開けてもしっかり付いてきます。


大型バイクとのツーリングも増えてきた嫁さんが、『もう少しパワーが欲しい』と言ってたので、これならば満足して貰える事でしょう!(^O^)/



内心ニヤニヤが止まらず、逸る気持ちを抑えながら嫁さんに試乗をお願いする。



ボボボ~


近所を回ってきた嫁さんの感想


『わからん、、、、』



(; ̄ェ ̄)


まぁ劇的な変化があるわけじゃないのと、路面がウェットだったので分かりにくかったんでしょう、、

めげずにセッティング地獄をしばらく楽しむ事にします(´・_・`)


ではまた!

category: ST250

cm 0   tb 0   page top

ST250カスタム その3 

昨日、なんとなしに子供達の赤ちゃんの頃の動画や写真を見てました。

懐かしい~なと…



ほんとに子供の成長は早いです。

懐かしいなぁとは思うんですが、育児が大変過ぎて、赤ちゃんの頃に戻って欲しいと思う事はなくσ(^_^;)

次男の動画、写真は泣いてるやつばかり…囧rz

今の方が遊びの幅も広がって楽しいですね。






さてさて、またまたSTカスタムの続きです。







シートの取り付け部分を作ります。

まずはミラーアダプターを用意して…





WMシートのステーを流用し、そこにミラーアダプターをボルトオン。





シートのカウル部分に穴を開けて、M8のボルトで横から固定しました。






前部分のステーはステンレスの板を曲げた物をリベットで固定します。





こんな感じになりました。







タンク、シートともにほぼステー類が完成したので、塗装も行いました。

色はだいぶ色々と悩んだ結果、くすんだブルーに決まりました。





デザインはお任せだったので、自分好みのレーシングラインを入れる事に。
(ワンパターンです…)




シートにもラインを入れます。






SR乗りの友人に作っていただいたBBAステッカー。



うちのSTにも貼ってて、かなり気に入ってます(^_^)v

遊び心は大事ですね☆








そして、クリアを吹いて完成です!!





アルミ無垢の部分もしっかりバフ掛けします。


タンク、シートの外装はこれで完成。


次はステーを仕上げます。





試行錯誤を重ねたステーは最終的にこんな感じになりました。






一旦バラして、リンクル塗装します。

リンクルは乾燥が早いのと塗膜の強度がぼちぼち高いので良いですね。





各部品が揃いました。




組み立てると、なんか変なロボットみたいですが、これでいつでも元のノーマルタンクに戻せて、SRタンクも装着出来るステーの完成です(^ν^)



これで全てのパーツが完成、揃いましたので、いよいよオーナーの元へ届ける準備です。





ホムセンで板を購入してきて、サクッと型枠を組んで発送しました。






無事、オーナーである豆くんの元へ
到着!!









友人のエストレア乗りさんの手を借りて、無事に装着出来たようです!!


ん~カッコ良い。
良い仕事した~(笑)
と自己満足に浸りました。



そして、さらにカスタムは続く(笑)

category: ST250

cm 0   tb 0   page top

ST250カスタム その2 

急に朝晩が冷え込むようになりました。

この時期のアウターは難しいですね。
薄い物だと寒いし、ダウンにはまだ早いし、悩むところです…。

とりあえずインナーを増やしたり、重ね着で対応してます。
そろそろ新しいアウターも欲しいな…。




さて、前回の続きです。


タンク本体の加工が出来たので、フレーム側のマウントを作ります。





まずはタンクの前後の位置決め。
うちのSTはアップハンですが、豆くんは
セパハンなので、ハンドルを切ってタンクに当たらない位置を探る作業。

あーだこーだと写真のやり取りのみで決めます。

この時はまだ豆くんとは会った事も無く、全てLINEだけで話を進めてます(笑)
よーやったもんだw







元々のタンクマウントを生かしながら、ストックしてたステーやジャンクパーツなどの組み合わせで、試作ステーの完成。タンクゴムはSRの物を使います。





シート側はこんな感じ。

ベーツライトステーを曲げて、フレームにボルト止め。






タンクのステーにドリルで穴を開け、ボルト2本で止める様にしました。
これは仮付けなので、本付けの時はタンクラバーをかまします。




うまい事乗りそうです。



ここまでサクサク進んでるように見えて、ステーの構造はなかなか良いのが思い付かず、試作品を作っては失敗、作っては失敗を繰り返して、ここまでで数ヶ月掛かってるような気がします…。






続いてシート。

WMのシートを預かり、それを使用する予定がタンクがロングになった分、シート位置が下がりフレームにシートのラインが全く沿わなくなってしまいました…。


さて、どうしたものかと考えてると…。





SRに使おうかと思ってボツになったシート(クラブマン用)を何となく乗せてみると、これがピッタリでw(^ν^)



結果、豆くんご購入決定w

ちょうどカウル付きシートが欲しかったようなので、押し売りはしてませんw





タンクとのバランスもなかなか良さげなので、この感じで進めていくことに。






ステーを煮詰める間にタンクの作業を。
パテで細かい凹みを修正します。

このタンクはSRを購入する時にショップに転がってるやつを無理に付けてもらったもので、以来転倒で凹む度に塗り直しをした思い出深い品ですw







凹みも綺麗になりました!



さらに続く……

category: ST250

cm 0   tb 0   page top

ST250 カスタム その1 

今回からしばらくST250のカスタム記事を。

我が家のSTでは無く、Twitterつながりの友人である
「小豆」氏、通称豆くんのST外装カスタムのお手伝いをさせて頂きました。





豆くんの手でセパハン仕様のライトカフェカスタムになってます。


ST250のカスタムパーツって、社外品が本当に少なくて、ガッツリカスタムしたくても他車流用メインとなると、初心者にはなかなか難しい現状です。
ガッツリカスタムしようと言う人がそもそも少ないから?






予備で持っていたBSAアルミタンク。

こいつを乗せたいとの事で、もちろん他車タンクを搭載したことなんてない自分ですが、なんとかなるやろーといつもの適当判断で、カスタムスタート。


彼は関東住みのため、カスタムベース車両はうちのSTを使います。
早速、STタンクを外しアルミタンクを乗せてみる…



あかんやん!!(つД`)ノ


STのタンクステーの横幅が広くてBSAアルミタンクのトンネル幅が細くて入りません…。

早くも挫折の雰囲気…(´Д` )

鉄工所の友人に相談するも、外側ならともかく内側をハンマーで凹ますのは表面まで凹むので無理とのこと…。

うむむ…。
加工屋に出して溶接手術は最低でも3万以上と高くなるし、困ったなぁと落ち込む…。

プロならSTのフレームのステーをカットすれば済むのでしょうが、元のノーマルタンクも装着出来るように考えてるのでそれは却下。てかうちのSTのフレーム切ったら嫁さんにしばかれる!(´Д` )


数日間、頭悩ませたのち、
ハッと閃きが。




これならイケるかも。
と閃きと同時にジャッキ突っ込んでましたw


少しづつ広がっているのを確認しながら拡げていきます。




出来ました!w
無事ステーに干渉してた部分を凹ませる事が出来ました。





フレームにもちゃんと乗っかりました。
他に干渉部分が無いか確認します。




これで、前部分のステーと、後ろのステーを作ればマウント出来そうです。



その2に続く。

category: ST250

cm 4   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。